スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオ物語番外編

「まずいな…」
予想は当たっていた。こうなる事は想定していた。想定外なのは、相手の強さ
「話にはよく聞いてたよ…部族最強の戦士、パスキア。こんな形で拝む事になるとは思わなかったよ。」
元より一人で部族を離れようとしていた身、腕には自信があった。それなのに、この有様とは。

「まずは話してもらおうか、何故、その娘を連れ去った。お前は明日、儀式に立ち向かう身だろう。」
「先にそちらが話すのが筋だろう。何故この娘を狙う、まさかとは思うが…」

「忌み子に関する掟…あれを本気で信じてるとでもいうのか?」
「信じてるのではない、真実なのだ。そして今までその通り殺してきた」
迷いのない口調で、奴が言葉を続ける。
「だが、例外が出来た。族長…最も偉い者の子が、まさかの忌み子…故に殺される事はない、ないが」
「それでは周りの者に示しがつかない…だから隔離した、そんなとこか」
大方想像してた通りだった。しかし、気にかかる事はまだある
「それにしても随分な待遇だったじゃないか、折角秘密裏に生かしたのに、あれじゃあ意味が…」
言ったところで気がついた
女の様子がおかしい。やけに怯えてる
怯える?何に?彼女の視線の先にいるのは…奴

「どうした?」
「あの…人…あの人です…!あの時…私の目の前で…母を殺した…」
「何!?」
殺した?こいつの母という事は、族長の妻ではないか。そんな大罪を犯して何故こいつは……
「事故だったのだよ」
俺の戸惑いを察したのか、パスキアが答えた。
「小屋に近づいてはいけないというのは、私も聞いていた。だがある日、そんな小屋に近づく奥様を見つけてね、止めようと後を追ったのさ。そこで見たのが…その忌み子と、その子に本を読ませる奥様の姿だ」
「…何故それで奥様が死ぬんだ」
単純な疑問だったが、パスキアは当然だと言わんばかりの態度で吐き捨てた。
「忌み子が近くにいたからな。危ないと思い仕留めようと思ったのさ。そしたら奥様が忌み子を庇ってね…結果、奥様だけが死んだ」
「……!!」
「悲しい事故だろう?いや、必然だったのかもしれんな。忌み子が引き起こした災いだな。」
災い?事故?どう考えても奴のせいではないか。
俺の怒りを無視するかのように、奴は言葉を続けた
「そこに族長様が現れてな、事情を聞いたよ。百歩譲って殺すのは取りやめになったが…それではまた災いが起きる。」
だから、一定レベルの苦痛を与えていた。そうすれば災いの力も弱まるから、らしい。馬鹿げている。
「疑問は解消出来たかな?」
奴が、こちらへと歩を進めながら、口を動かす。
「次はそちらが答える番だ。何故、お前がその子を連れてここにいる?」
臨戦態勢を整えながら、俺は答えた。
「簡単だ。そんな理屈を当然のように羅列する、この部族に嫌気がさしたのさ。こいつを助けたのは、只の成り行きだ」
「……お前は部族の中でも優秀だ、返答次第ではまだ許しを与えるつもりだったが…いや」
パスキアが何かを悟ったように視線を変えた
「そうか…これも忌み子による災いか…」
突如奴の動きが速くなる。向かう先は、俺ではない
「逃げろ!」
俺は叫んだ、が。女は動かない、何故?考える暇はない、動け。意に反してダメージを蓄えた俺の体は思うように動かない。
確かに助けたのは成り行きだ、しかし、生半可な思いで救った訳ではない。あそこから出したからには、俺が守る。そう誓っていたのだ。その覚悟が、俺の体を奮い立たせた。
「間に合―」
そう思った瞬間、俺の視界から、女の姿が遠ざかっていくのが見えた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

わーい番外編だー!
やんさん…ありがとう…ありがとう(´;ω;`)
何回もアピールしていてよかったです。約束通り書いていただけて本当に嬉しいです。
いきなり戦いの場面になっていてちょっと戸惑ったけどww
続きも楽しみにしています♪

わりとリアルにロンロンしか読んでない予感すらするからブログでやるか少し迷った。
いきなりバトルになるのはずっと前からそのつもりでした!

No title

バカなぁwwwwwほんとにきたーwwwwwwww
読みやすい文体でいいね!動きのあるシーンを冒頭にもってくるのもすげ―良いと思う。
今年はなんかやんが色々動く年になりそうやな!俺も読むけん。更新頼むで!

Re: No title

今年の俺は三味くらい違うで
プロフィール

やん

Author:やん
正体不明のイタリヤン





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。