スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連合ライブオフ まりぱ編

やんたか家へ着いた俺たち

「いやー疲れたなー」
「さてどうすっかー」
「ドシマスカネー」
と言いつつ俺たちはテーブルの周りに座り、家を出る前散らばっていた牌を混ぜだし、山をつくっていた。
「どう見てもマージャンする流れwwwww」

IMG_0493.jpg

「とりあえず麻雀やな、いくぜ俺のターンどろー!スーソーを場に出しターンエンド!」
「コレカナー」
「あ、坪井それロ!ケットがとんだーwwwwww」
「チョンボッスワー」
「あ、リョーサンそれ!うぇーい何もなーいwwww」
「いやーどうやったらこう育つんすかねーこれ」
「あ、たかしロン!ドンに行きたいなーwwwwww」
「…小学生か!」

結局俺が負けた

そして勝った順に風呂へ入りだす面子達
その間にまりぱ準備をする俺

「うぇーい僕まりおーwwww」
「おっとぉ、設定か~?」
「ルイージッスワー」
「ワーリオーwwwwwエスカードウィーンwwwwww」
たかしはピーチ。
舞台はマリオパーティ2
連合のパーティ力が
今試される

何度か勝負を終えた後
「20ターンて短いなー」
「んじゃ35で」
「5ターン区切りがねえwwwwwあれは3からかwwwww」
なおこの時点でやんさんの優勝率が100%という偉業を達成中
「これが俺のマリパ力よ。アイムスーパースター」
「そういうのはミニゲームスター全冠とってから言ってくださいよ!ハプニングスターばっかじゃないすか!」
「最後に勝つ奴がマリパよ」

そして時刻はまわり
午前八時
「やー流石にそろそろ寝るかー」
「くー、結局一回も勝てませんでしたねー」
「ヤンサンモッテマスネー」
「たかしハックツハッスル下手すぎわろたwwwwww」
「や…むじーよあれww」
「何で坪井はみんなヒッパレあんなうめーんだよwwwwww」
「ジブンデモナゾッスワー」
「どういう分野に長けてたらあのゲーム得意になんだよwwwww」
「特技にみんなヒッパレとありますがこれは…?」
「はい、マリオパーティ2のミニゲームです。」
「落ちるわwwwwwwww」
「とりあえずおきる時間は定めといたほうがいいか。ほっといたら夜まで寝ちまう自信あるし。2時半くらいでいい?」
「寝すぎじゃないっすか~?少し早めに起きて眠気を残しつつ、バスで寝る。これでしょう。十二時くらいでいいっすよ」
「んじゃ一応アラーム12時半にするわ」



十二時半
俺のあいぽんが唸りだす
そしておきる俺
周囲を見渡す。
俺の部屋では坪井が寝てる
たかしの部屋でリョーサンとたかしが寝てる
いずれも爆睡中
これ絶対おきねえわこいつら…起きてもすぐ寝るかまともな状態じゃあないことは必至だわ…寝るか…

二時半
俺の提案時刻
だが同上
そういやこいつら寝落ち勢だった。寝落ち勢は眠りが深いという特徴があるのだ。ちょっとやそっとじゃ起きないのだ。
俺は流れに身をゆだねることにした


六時前
「お前ら起きたか」
「…いやー…寝すぎましたねー…」
「ッスワー…」
「まあやっぱ、結構疲れてたんだなー」
「バス寝心地悪かったし、横になる事自体が結構久々でしたからね」
「まあいいや、何時のバスに乗ればいいん?」
「九時新宿っすねー」
「んじゃ八時前の電車に乗ると考えて、飯食う時間も考慮したら…そろそろ家出たほうがいいかな」

そして外へ出る俺たち。
「いやー、楽しかったなー。もう終わりかー」
「どこで食べるん、とんかつ?」
「いや、とんかつはいいや。」
「あ、ほらデニーズここにあるで」
「デニーズあるじゃないっすかやんさんwwwww」
「だだだだから知ってるって言ったろ!」
「wwwwwそうでしたねwwwwwww」

そして店へ入り、席へ案内される俺たち
「あれ、なんか広くね?」
「間違えて五人って言っちゃったwwwwwwww」
「たそもういねーよwwwwwww」
「いや、見えないけど…いる!」
「~絆~」
IMG_0495.jpg
「店員さんメニュー五人分もってきちまったじゃねーかwwwwwどうすんだよwwwww」








IMG_0496.jpg
「!?」
「確かにいた…そこにあった…」
「ああ、姿は見えなくても…俺たちは五人だ」
「~絆~」
やん
『じゃ、たそ注文決まったら言ってな。』
たそ
『じゃあ冷製パスタで^^^^』


「うぃー食った食ったー」
「じゃあたかしはここでな」
「おう、おつかれー」
「電車着てるやばい!別れを惜しむ暇がない!」
「んじゃ俺20日あたりに戻るからなー」

-新宿-
「こっちであってるの?」
「ダイジョブッス、クルトキトオッタッスカラ」
「行きと帰りが同じバス会社とは限らないだろ!」
「あ、ここっすね」


「九時発の博多行きへ乗られる方はこちらへどうぞー」
「博多?これ?」
「まあ九時発だからこれでしょう。」
「博多行くなら大阪もルート的に通るか。」

「荷物はこちらへどうぞ。どこまで乗りますか?」
「大阪です」
「え、大阪?これ大阪にとまらないですよ?」

…ん?

「あれ、そ、そうなんですか?」
「はい」
「それは失礼しましたー」

「おっとぉ~?どういうことや~?」
「ちょっとあそこのスタッフの人に聞いてみます。すいませーん」
「九時発で大阪行きですか?ないですね?十時発ならありますが…」
「おいおいリョーサンほんとに九時発だったんか~?」
「えーっとちょっと待って、今ログインするから。あ、ほらこれなんすけど…」
「あー、これは午前の九時ですねー」

おっとぉ?

「そいえば今日朝電話着てた気がする…!」
「あー、震えてたなー」
「えっと、今日の便ってもう空きは…」
「ありませんねー…」
「……」
「……」
「……」
「そういうオチもってきちゃう~?」
「う、うわああああああ!!!二人ともごめええええええええんん!!!」
「エ、ドスンスカコレ」
「とりあえず…じゃあ、一回、俺んちもどるか」
「まあ…そうするしかないっすね」
「あ、俺明日墓参り」
「あ!坪井法事は!?」
「チョ、マニアワンッスワー」
「うわあああごめえええええええん!!!!!」
「んー明日朝一の新幹線で帰ったら…何時になるんだ…?」
「ちょっとスタバよりましょう…コーヒーのみたい」
「でも新幹線だとしたら、帰る時間ちょっと遅くなりそうだな。予定ずれるかもしれんし、とりあえず親に電話せんと」
「オレモッスワー」
「ほんとごめん!俺のせいだって言いまくって!なんなら電話代わるから!」
「まあ俺は大丈夫だと思うけど、坪井が不安だな」
そしてコールタイム

「やんさんどでした?」
「問題ねえ。」
「ア、モシモシ?ジツハトモダチがバスカイマチガエチャッテ…」
「い、いきなりそこから話すのは言い訳ベタだぞ坪井ー。」
「…なんかやばい?」
「つ、坪井?代わろうか?」
「ヤ、ダイジョブッス」



「ふー」
「じゃ…帰るか」
「おわー、また歩くのかめんどくせー!」
「おめーのせいだよwwwwwwww」
「これたかしびっくりするだろうなー」
「帰ったらマリパすっか」

…ん?たかしびっくりする?

「いっそたかしびびらすか」
「お?」
「いきなり帰るんじゃあなく、窓と玄関をバンバン叩きまくるんや。」
「いいっすねー」
「となると…よし、いい事考えた!」

やん
『夜行バスなう』
リョーサン
『寝れないですねー』
坪井
『やんさんうるさすぎわろた』
やん
『坪井おきてる?』
坪井
『横見て』
やん
『おきてるなら言えよ。』
『さらば神奈川よ』
たかし
『一睡もできなさそうやな』

「たかし釣れたwwwwwwwwこれでやつは完全に俺たちがバスに乗り込んだと認識するwwwwwからの帰宅wwwww準備万端wwwwww」
「なにやってんすか!」
「こうなっちまった以上、いかにこの状況を利用するかと考えた結果、どうたかしをびびらすかしかない事に気づいちまったからな」
「前向きっすねー」
「バカナンスヨ」

リョーサン
『もし次また集まる機会があれば、またマリパしましょうね』
やん
『来年のライブか~?』
『また一位になってやんよ』
坪井
『麻雀もしたいっすね』
やん
『坪井帰ったら法事だっけ?寝ろよ』
坪井
『間に合う気しません』

「そりゃもう間に合わねーわwwwwww」
「あ、リョーサンがツイッターで謝ってやがる!そんなのたかしに見られたらばれちゃうだろ!やめろ!」
「ばれますかー?」
「あいつ暇だから無駄にどうでも良い事に推理働かすんだよ!リョーサンの謝罪、このタイミングでありうる事を考慮するとあいつならこの結論に簡単にたどり着くぞ!ラインのバス乗ってるフリしようと言い出したのがやんさんと見抜くまである!」
「人狼でもたかしボスすぎましたからねー」


そして家の前
「じゃ、ピンポン鳴らしたら俺が窓の方バンバン叩くわ」
「はい」
そして窓側へ回り込む俺。
音が聞こえた、食らえたかし、俺の窓ラップを。そしてびびりちらすがいいわ!
しかし網戸が俺のラップを遮った。鳴らない窓。向こうからはたかしが玄関を開ける音。俺のラップ終了

「いや!?え!全員おるやんw!?何でww!??」
「まあ…こういう事や」
「はー…いや、びっくりしたわーwwwこんな時間に誰がってなー…しかも団体人数から一人になって、一層孤独を感じやすい状態やったからなー」
「あー、その感じ分かります」
「そこを狙ったんや」


「じゃ、始めるぞお前ら。俺たちの…マリパをよ!」
「勝ちたいっすねー」
「ッスワー」
「おお」

俺たちのマリオパーティは
始まったばかりだ



連合ライブオフ ~完~

IMG_0497.jpg
リョーサンが忘れた腕時計を装着するたかし

後日談

たそ
『え、バス乗れなかったの貴様らw』
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

連合の皆さんおつかれさまでした! オフレポ面白かったです。
面白い人たちが集まるとまるで漫画のような出来事ばかりが…w
ところで午前八時とありますが朝まで麻雀やマリパ遊んでたんですか?

No title

おんどれら楽しそうだなおいwwwwwwwwwww
俺は家族が田舎に帰るということで犬の世話をしなければならないので帰りました。めっちゃ楽しそうで残念やわ~!

No title

最後の最後で僕のマリオがやんさんを劇的に打ち負かしたということが記述されてません!

決着はみんなヒッパレでつけようぜ。

No title

なるほどツイッターでリョーサンが謝っていたのはそう言う事情があったからなのですね。

オフレポ乙でした~面白かったですwwww

No title

>のすk
熱中しすぎて朝まで徹パしちゃったぜ!
麻雀は序盤だけであとはずっとマリパ連続だった

>たそ
ここで犬を飼ってる設定をきっちり拾うあたり、伏線張るのうまいよなたそは。

>りょーそん
ノーカン…!ノーカン…!

>さぼ
いやまて、負けぬけのはっくつはっするでもありや。

>ロンロン
ツイッターじゃなくて俺の眼を見て謝れってな!
プロフィール

やん

Author:やん
正体不明のイタリヤン





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。