スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエスト10 ~タカナリの受難 アキギリ族襲来編~

とあるクエストを攻略するために向かう四人組がいた。
四人組とはいっても、見知らぬ二人組同士が組むことで出来上がったPTである。
その片方の二人組は、魔法使いTKナリと僧侶R。
もう一方は魔法使いZ(仮名)とL(職業未明)である。
彼らの目的はボス討伐。その道中、最初にZが口を開いた。


「Rサンは…」
なお、この時点では挨拶を終えたばかり。互いがどんな相手かまだわかってない状態。道中の会話で初めてその人のナリを掴んでいく。その第一声である。
「僧侶の仕事…適当にやってくれてたらいいから」
…ん?
TKナリ達に一瞬走る違和感。しかし彼らの思考より早くZの言葉が続く。
「TKナリは魔法ぶっパしてくれてたらいいよ…俺は」

「魔法使いだが…魔法は使わねえ」
え?
「俺が覚醒しちまったら」
「皆の活躍の場…奪っちまうからよw」
「特に…→Lw」
「ひゃーw」
「俺…天才だからよw」
思わずPTチャットとは別のチームチャットで裏からRサンが話しかけてきた。
「お、おいこれ…この自信過剰っぷりや…」
「覚醒とか…その…なんかまるで…」
Zの発言は止まらない。
「おっと…流石TKナリwイケメンw」

「こ、こいつ間違いない…!」




「アキギリ族や!!!!!!」




「絶滅したと思っていたが…生き残りがいたとは…」

「地雷踏んじまった…」

「良い地雷と悪い地雷があるとしたらこれ悪い地雷な」

「キッズは寝ろよ」

「親子じゃねーだろうなこいつら」

リョーサンの黒い部分が目覚めつつある。
彼らのクエ討伐は始まったばかりだ。



ちなみにこの後こっちの回線不良で落ちまくりはしたものの、すぐにボスを倒して逃げるかのようにパーティ解散したので特に話的に盛り上がりはないです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やんに「漫画以外」と見做され
ドラクエ10の隅々まで入り込んだ
アキギリ族の人間が
「よいしょ」とドラクエ10の世界を転覆させる…

No title

これが話に聞いたアキギリ族……
いったい何人のアキギリ族が地球にいるというのか…

No title

 捕捉しておくと魔法使いの最上位に「魔力覚醒」という攻撃魔法の威力が上昇する特技があってですね……
 あとなんでRサンが腹黒キャラみたいになってるんですかーやだーキャピッ

No title

これだから野良はゴミなんだよw

No title

僧侶RがRサンになり最後には普通のリョーサン呼ばわり笑った

No title

>タカナリ
将棋で来い

>さぼ
今は数える程度しかおらんときくがな…

>たそ
ああおんどれら、ここには世界がある。ただし野良はゴミ

>僧侶Rが…
ほんまやわろたwwwwww

No title

>R
おっとコメ返信がぬけてたぜ
プロフィール

やん

Author:やん
正体不明のイタリヤン





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。