スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士急最終回

温泉を目指す途中
「おー、何だここー」
huji.jpg
「雰囲気すげーなー」
「うわー女の子と来たいっすねこれー」
「分かる」
光がすげえ、これが噂に聞くネオンというやつか
そんな事はお構いなく俺が先導をきってると、後ろの方から見知らぬ声が聞こえる
「あの、すいません、写真撮ってもらっていいですか?」
「あー、いいですよいいですよーwはい、じゃあどうぞー、撮りますよー、はーいwもう一枚撮ります?はーいw」
「あー、ありがとうございますww」
「お幸せにーww」

「うわ…初めて見た…ほんとにあるねんな…ああいうのって…」
「てか皆聞いてあげよーやww」
「だって俺の方には来てなかったし…」
「www確かにやんさんにはいってなかったwww」
「スワー」
「かー、俺に頼んでたらすげえの撮ったったのにな~」

そんなこんなで彷徨うこと数分、たどり着く俺たち
「おー、ここかー」
「レストランもあるみたいだし、ここで食べてきますか」
「せやなー」
そして入る俺たち
何かすげえ、設備が最新だ、腕に巻きつけるバーコードを貰い、そのバーコードを使えば施設のサービス(自販機や食事の支払い等)を済ませられ、最後の帰りで全部一括で精算できるというシステム、ハイテク
「じゃあ早速はいろーぜー」
「ロッカー皆近くでええやろ」
そして風呂に突入する俺たち
「まずはシャワーやなー、あ、坪井何やってんの」
「かけ湯っすわ」
「あー、それそれ、そう、まずはかけ湯やなー」
温泉とか今年家族で熊本行った以来。ちなみにその前は十年以上行ってねえ、ましてや友人らとなると初かも
「え、これすぐ湯止まる!何で!?不具合か!?」
「ちょ、やんさん、うるさいっすよ!節水の為にすぐ止まるようになってるんですよこういうのは、常識ですよ」
「そうなん!?知らんがな!こっちゃ温泉数えるくらいしか来たことないんだよ!へー!じゃあ連打せんとあかんやん!」
というわけでシャワーの蛇口を連打しながら体を洗ってる俺
すると後ろから聞き覚えのある声
「へいへーいw」
「やめーや今目開けれねーんだよ!」
「まだかかるん」
「うん、どしたん場所空いてないん」
「や、はよ湯船行こうやと思って」
「行けばええじょんwwwwww」
「えー、折角皆で来てるんやでぇえ?」
「ええじょん別にwww洗い終わったら合流するてwwww」
そして先に湯船の方へ行くたかし
洗い終わる俺、ここで問題に気付く
「…メガネもねーから誰が誰か分からねえ…」
見失った。とりあえず露天風呂の方へ行ってみたが、分からない。まあいいや。そういえばリョーサンはまだ俺の隣でシャワー使ってたし、とりあえずそっちと合流しよう
「あれ、あいつらは?」
「わかんねえ」
「あ、やんさんサウナありますよ!これめっちゃ体にいいんすよ!」
「ああ、らしいな」
「体の毒素とか全部汗にして外に出してくれるんすよ、タバコの副流煙とかそういうのも全部」
「貴様ら三人からくらいまくったしそれも出してもらうとするか」
「はい、ちなみに僕は五分が限界です」
「俺は入ったことないし限界わからねーなー」
そしてサウナに突入
暑い、が、なんとなく体に良さそう。
「お、何やってるん」
「お前らどこいっててん」
「やwさっき露天おったよw」
「分からねーよ!特徴ねー格好しやがって、俺のようにタオルを頭に巻くとか工夫しろよ」
「確かにそれはわかりやすかったw」
「あー、僕もう先出ますね…ふうう」
四分経ってた。俺はリョーサンの限界値の五分がどんな世界か確かめたいのでまだ残ってた
「ふー…」
五分経った、まだいけそう。いけそうだが、俺はデブじゃないのであまり入りすぎでこれ以上痩せても困る
再び露店風呂に行き、風にあたることにした
「おー涼しいー…お、たそじょん」
「うす」
「何やってんだよこんなとこで、筋トレでもしとけよ」
「さっきしてたよw」
「何こんなとこで筋トレしてんだよ、他のお客さんの迷惑考えろよ」
「ちょw」
そして暫く湯船につかり談笑してる俺たち

「そろそろ出るかー」
「あれ、坪井いねーな」
「まあその内上がってくるだろ」
と言い坪井を置き去りにしようとした瞬間
「チョ、オイテカナイデクダサイヨ」
「だっていねーんだもんおめえ」
そして支給されたタオルで体をふく面々
「あれ、何でやんタオル二枚使ってんの?」
「え?…ああ!一枚肩にかけてたの気づかんかった!」
「やwまあいいけどw」
「使ったタオルはここ入れときゃいいんだな」
「さて、じゃ、いくか」
「おいあのたそ髪型セットしてやがんぞ」
「もうおいていきましょう」
「せやな」
そして外に出る俺たち
自販機にコーヒー牛乳が置かれてた。銭湯後のコーヒー牛乳は格別と聞いた事のある俺、飲まないわけにはいかなかった。
坪井とたかしも買ってた
「おー、バーコードあてるだけで買える、すげー!」
ハイテクだった
「すまんw行こうずw」
たそがきた
そして俺たちは食事の場へと向かう

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

やん

Author:やん
正体不明のイタリヤン





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。