スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連合ライブオフ まりぱ編

やんたか家へ着いた俺たち

「いやー疲れたなー」
「さてどうすっかー」
「ドシマスカネー」
と言いつつ俺たちはテーブルの周りに座り、家を出る前散らばっていた牌を混ぜだし、山をつくっていた。
「どう見てもマージャンする流れwwwww」

IMG_0493.jpg

「とりあえず麻雀やな、いくぜ俺のターンどろー!スーソーを場に出しターンエンド!」
「コレカナー」
「あ、坪井それロ!ケットがとんだーwwwwww」
「チョンボッスワー」
「あ、リョーサンそれ!うぇーい何もなーいwwww」
「いやーどうやったらこう育つんすかねーこれ」
「あ、たかしロン!ドンに行きたいなーwwwwww」
「…小学生か!」

結局俺が負けた

そして勝った順に風呂へ入りだす面子達
その間にまりぱ準備をする俺

「うぇーい僕まりおーwwww」
「おっとぉ、設定か~?」
「ルイージッスワー」
「ワーリオーwwwwwエスカードウィーンwwwwww」
たかしはピーチ。
舞台はマリオパーティ2
連合のパーティ力が
今試される

何度か勝負を終えた後
「20ターンて短いなー」
「んじゃ35で」
「5ターン区切りがねえwwwwwあれは3からかwwwww」
なおこの時点でやんさんの優勝率が100%という偉業を達成中
「これが俺のマリパ力よ。アイムスーパースター」
「そういうのはミニゲームスター全冠とってから言ってくださいよ!ハプニングスターばっかじゃないすか!」
「最後に勝つ奴がマリパよ」

そして時刻はまわり
午前八時
「やー流石にそろそろ寝るかー」
「くー、結局一回も勝てませんでしたねー」
「ヤンサンモッテマスネー」
「たかしハックツハッスル下手すぎわろたwwwwww」
「や…むじーよあれww」
「何で坪井はみんなヒッパレあんなうめーんだよwwwwww」
「ジブンデモナゾッスワー」
「どういう分野に長けてたらあのゲーム得意になんだよwwwww」
「特技にみんなヒッパレとありますがこれは…?」
「はい、マリオパーティ2のミニゲームです。」
「落ちるわwwwwwwww」
「とりあえずおきる時間は定めといたほうがいいか。ほっといたら夜まで寝ちまう自信あるし。2時半くらいでいい?」
「寝すぎじゃないっすか~?少し早めに起きて眠気を残しつつ、バスで寝る。これでしょう。十二時くらいでいいっすよ」
「んじゃ一応アラーム12時半にするわ」



続きを読む

スポンサーサイト

連合ペルソナライブオフ ライブ編

カラオケでたそから渡されたもの
それはサイリウム。ライブとかでアイドルのファンが振り回す光る棒。あれである。
「ちょwwww買ったのかよたそwwwwww」
「ちゃんと全員分あるぞー…」
「どんだけ楽しみにしてんだよwwwwww」
「別にこれいらないでしょwwwwwwww」
「てかどこで買ったんだよこんなの」
「はんずぞ」

「じゃ、いよいよ行くとするぞおいぃ…」
「たそ場所分かるの?」
「任せろぞー」
そして現場の建物へ近づく俺達
周りにはちらほら、同じ目的と思われるそれらしい連中がちらほら目に入る。
「え、おおくね?これちがくね?場所間違えてね?」
「いや、あるしw物販あるしw」
「なんか…すげーな…予想以上に…」
「やはり人気なんぞー…」
「あ、この建物か!たそここで卒業式したんやっけ?」
「おう」
「へー、やるじゃん」
「なにがw」
「とりあえず始まるまでどっかで待つか。何してんのたそ」
「や、撮ろうと思ってな。連合IN武道館って事で、武道館を」
「だったら俺を写真入れて武道館バックだろ」
BRiY4nrCYAAm5eL.jpg

「おいたそ!何で俺そんな端っこなんだよ!」
「やw武道館うつらねーじょんw」
「うつらなくていいだろ!」
「おわーwwwwwwツイートしてるwwwwwwwなんか怖いおっさんが載ってますよやんさんwwwww」
「どこにだよ」
「写真の左っすよwwwwww」
「イケメンしかいねーぞ」

そしてライブの時間。入場を済ませる俺達。
荷物チェックをされたが俺のかばんは空だった。
そしてチケットと交換に渡されたものは
「サwwッウィwwwwwwリwwッウwwムwwwwww」
「お、おいいぃ」
「ま、まあほら、一本は思い出として持ち帰るってのもワンチャン」
「せ、せやな、グッドアイデーア」
ここでチケットの席が違うため、俺たかしたそ班 リョーサンさぼ班の二手に分かれる
「さーて、始まるまでの間にな、たかしにこのペルソナダイジェスト映像を見て勉強してもらおうか。良い動画があったんぞ」
「テスト前の休み時間に詰め込むってレベルじゃねーぞ!」
「しかし中々始まらないな」
「ライブ初心者のたそに教えると、ライブに遅延と延長はつきものだからな。」
「ほー」
「まあ知らんけど。リョーサンらは座れたかな」

リョーサン
『座れましたよ。やんさん達どこっすか。サイリウムふってください』
やん
『しゃーねーな、ほらここだよ』
リョーサン
『わかんねーっす。立ってもっと大きく振り回してください。』
やん
『しゃーねーな。おら、これでどうや』
リョーサン
『あ、分かりました!あれっすね!』

「何で始まってねーのに立ち上がってサイリウムふりまわさねーと駄目なんだよwwwwwww」
「お」

段々と暗くなる会場
ついに
来た

続きを読む

連合 IN ペルソナライブオフ 集合編

「チケット応募したから、当たったら集合しようぜおんどれら。」
始まりはこれだった

 「こちらリョーサンでーすwwwww今さぼと合流できましたーwwwwww飯食ってまーすwwww」

IMG_0487.jpg

「チョ、イツトッタンスカコレ、ゼンゼキヅカナッタッスゎー」
「これからバス乗りますんでwwwww明日朝迎えたのんますwwww」

IMG_0488.jpg

俺がバイトの勤務中に、既にやつ等はバスに乗り込んでいた。
さぼの寝れないっすわーがラインを飛び交っていた。

「俺起きれねーからやん頼んだ」
「任せろ。ゆゆうぞ。」
翌日の午前九時に彼らを最寄り駅まで迎えに行くのが俺のミッション。ゆゆうだ。
その頃たそが何をしていたかはまるで知らない。




「やんさん、駅着いたっす。」
「目印になるもん何かない?」
「えーっと、○×銀行ってのがあります。」
「あーあれね、おk任せろ。」

「ウソ、わからん。どこおる?」
そうして合流に成功した俺達、これで面子は三人になった。

「じゃ…案内するぜ、俺とたかしんちによ」
「アツイッスワー」
徒歩15分の距離を歩く俺達。さぼもリョーサンも遠い暑いとグチグチ言ってた。特にさぼ。潔癖かよ

そして家へ着いた俺達。だが、何かがおかしい事にいち早く気づいたのは、やはりやんさんだった。
「たかしの靴がねえ…」
ふとラインを見ると、たかしの発言
『腹減った』
「あいつ飯食いに行きやがったな…」
「おわーwwwwwwやんさんの部屋きったなwwwwwww」
「チョ、コレオレドコデネルンスカ」
「あーん?あるだろ。とりあえず荷物置けよ。」
「ちょっとスペースあるんでここに起きますね」
「あ、さぼが寝るスペースが消えた」
「チョ、ナメテンスカブチコロシマスヨヤンサン」
「さぼどんだけ縮こまって寝ないと駄目なのwwwwwww」
「いけるいける。何とかなるって」

暫くした後帰還するたかし。連合が全員集まった瞬間である。
「やんさん、ろるやらしてくださいよ!」
「集まったときまでろるとか病気かよこいつ」
そういいつつろるをやりだすリョーサン
「んじゃあスマブラでもしとこうぜたかし坪井。」
「イッスヨ」
「おお」
「あ、僕もやる!」
「何だこいつ」



「スマブラ飽きてきたな」
「マージャントカドッスカ」
「え、あるの?」
「坪井もって来てたよ。」
「マジか!?やろうぜ」
そしてテーブルにばらまかれるアナログの牌達
「やー、やっぱ実物の牌触ると、テンション上がってくるな~」
「あがってんの~?さがってんの~?」

たそ
『十二時半に集合でいけるぞおいぃ。』

「あ、たそだ。」
「そろそろ家出ないと時間遅れるかもな。」
「まあでもさいあくたそ待たせりゃいいか」
「w」
などという事にはならず、ちゃんとたその元へ向かう俺達。
集合場所は秋葉。たそが例の店(以前たそと初対面の時に入った店)といいたいからである。

「やんさんここの電車であってんの?」
「ゆゆうゆゆう」
「すっげー不安」
「あれなんか遠いな…」
「あ、これ違う!」
「あぶねえ、これだからやんは」
「だったらてめえらも各自で調べとけや!やんさんに頼り切るなや!おら!」
このアクシデントにより予定より二十分ほど遅れる
たそはもう着いてるらしい。
「まあたそ待たせとけばいいか。」

やん
『50分に着きそうだわ』
たそ
『遅すぎわろた』


「うぇーいとうちゃーくwwwwww」
「じゃ、カラオケ探すか。いや先飯か。」
「そうっすね!」
「チョ、タソサンハ」
「おっと忘れてたぜ、どこだよたそ、電話するわ」


「ちょりーっす」
「たそwwwwwwwwwwwどこwwww」
「例の場所ぞー」
「どこだよwwwwwwwww」
「ほら、前と同じとこだよ」
「覚えてねーから言ってくれよ」
「中央口ぞー」
「おk、行くわ。たそわかりやすいように万歳しといて」
「いや、分かるだろおいぃぃ」
「たその顔とかもう忘れたよ!」


そして俺達五人は食事をとることにした。
「どこで食うかー」
「どこでもいいよってか何があるの」
「デニーズがあるぞおいぃ」
「デニーズ?ジャニーズみてーなもんか」
「え、やんさんデニーズしらないんすか!?ふぁみれすっすよ!」
「ん、あー?あーデニーズね。おうもちろん知ってる。ファミレスだろ?うん知ってるよもちろんデニーズ」
「かー、デニーズとか久々にはいるなー」
「やーうん俺も久々だわ。大学ぶりだったかなーうん」

食事しながら談笑するやんさん達
後にたかしは、たその印象を「良い意味で裏切られた」と語る。


そして
着いた

IMG_0490.jpg

カラオケなーう!
やんさん写りたかったけど撮影者だから入れなかった。
なんかたそが映像とりまくってたんで
別の機会にそれらを公開することになるだろう
乞うご期待

そしてライブ編へ続く…
プロフィール

やん

Author:やん
正体不明のイタリヤン





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。